トイレのつまりを放置しておけば自然と直る?トイレつまりを放置した方が良い時と放置しないほうが良い時の判断まとめ

トイレを使った後に急に詰まって水が溜まり流れない・・・

そんな時、放置しておけば直るかなぁーとそのまま放っておく方も多いと思いますが、ここではトイレが詰まった時に放置した方が良い時と、放置しないで早急に対処した方が良い時の判断について書いていきたいと思います。

最初にトイレの詰まりを放置していて最悪の場合こんな感じにもなります。

こうならない為にも、放置するべきかしないべきか早急の対応が必要になるので参考にして下さい。

トイレの詰まりを放置して様子見したほうが良い時

トイレの詰まりの原因で一番多いのがトイレットペーパーを使いすぎて水が流れなくなる症状ですが、この時、便器内に水が溜まり溢れそうな状況の時は少し恐怖を感じて怖くなるかもしれませんが自然に流れないか15分程度は様子を見てみて下さい!

トイレットペーパーは殆どが時間を置くとフワフワになり水に溶けて流れていく物質なので慌てない事が大事です。

ただ、他にトイレ使う人もいるから早目に直したいな・・と言う方は

【初心者必見】トイレつまりの直し方~トイレ修理のプロが教えてくれたから解決度90%以上!~

こちらの記事を参考にして自分でトイレつまりの解消をやってみましょう!

普通のトイレつまりであれば、ラバーカップ、もしくはお湯を流す事で簡単に流れますが、結構体力いるもんです(笑)

だいたいの詰まりはラバーカップを使って解決できるのですが、ラバーカップでいくらやっても直らない時は、あなたの家のトイレの形状とラバーカップがあっていない可能性がある事、正しいラバーカップの使い方ができていない可能性もあるのでその時はちゃんと詰まり解消の効果の高いラバーカップか確認して下さい!

詰まり解消の高いラバーカップというのは吸盤の口先がタコの口のようになっているのでコレが一番、効果のあるラバーカップです。

似てますよね?(笑)

普通のひらぺったいラバーカップと違い、吸着力と吸引力が全然違うのでトイレつまりにはこの様なラバーカップを使うと簡単に解消されます!

トイレの詰まりを放置しないほうが良い時

トイレットペーパーを使ってたくさん流した後にトイレが詰まったので原因はティッシュでしょ。
じゃあ、ラバーカップでスポスポやってみたけど、直らないし逆にトイレと床の接地面からなんか水がジワジワと漏れてきている・・・とか放置していても便器内の水が引かない・・

こんな時の症状は放置しないで早急に業者を呼んだ方が良いです。

理由はトイレットペーパーが原因だと思っていた詰まりが本当は違い、何か異物が配管で詰まっている可能性大です。

このまま放置しておくと最悪、ボコボコとトイレから水が逆流してきて便器内から水が溢れて床が汚水まみれになる事があります。

そしてトイレと床の接地面から水漏れしているのであれば今にも破裂しそうなくらいトイレの配管の奥で酷い詰まりがある可能性があるのでトイレが全く使えなくなる事もあります。

そうなると、アパートの場合、水が下の階まで流れてしまい下の階の人に迷惑をかけてしまう事もあるので・・・。

イメージ的にはこんな感じになります↓

40秒あたりで便器から水が溢れてしまいます。

それで、トイレつまりを放置していると雨の日の場合はこの動画のように水が逆流してくる事もあります。
噴水状態で便器の水がシュパシュパ噴き出して周りは水浸しです。

でもトイレつまりを業者に頼むといくらくらいするのかな?できれば親切、丁寧で安い業者に依頼したい・・時はこちらの

トイレつまり修理を業者に頼んだ場合の料金っていくらくらいするの?安い業者はどこ?失敗しない業者の選び方まで教えます!

を参考にして下さいね!

いずれにしろ、トイレが詰まった時はまず、慌てないで落ち着いて行動する事が一番です!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする